2012年04月23日

そうだ。向日町に行こう。その2。

20120415麒麟園担担麺.JPG

私を殺した担担麺。
激辛商店街シリーズ。

麒麟園

http://www.kyoto-gekikara.com/product.php?PID=36&ShopID=18


激辛企画、KARA−1。
(よくわかりませんが激辛商店街加盟店を対象店に
 アンケート投票などを行い、グランプリを決めたそうです・・)

その初代(まだ1回しかやってないはず)グランプリに輝いた担担麺があるときき、
一目散に突っ込んでいきました。これが悲劇の始まりです(苦笑)

担担麺のほかにも、エビチリ、麻婆豆腐などの激辛メニューが立ち並び、
店にはグランプリのトロフィーが飾ってあります。

(1)もちのろんで担担麺を注文し、1〜5段階で辛さを聞かれる。
(2)もちのろんで、5と答え、店員さんに心配されつつも、5を押し通す。
(3)ドロドロ度合いが明らかにおかしい真っ赤な担担麺が出てくる。

まぁ、ここまでいつもどおり。
ちなみにこの「担担麺レベル5」の麺にはたっぷりとハバネロが練りこまれており、
スープにもたっぷりとジョロキアが入っている様子。
ハバネロ練りこみタイプとはちょっと新しいですね。

・・・一口食べるだけでこの担担麺のやばさと、激辛の奥深さに驚かされました。
正直、辛すぎてあっぷあっぷ。鼻水は止まらない。汗はダクダク。
激辛にはよくあることといえど、その止まらなさや汗の量が異常です。
明らかな危険担担麺。

しかし、これがなかなか美味しい!
ただ辛いではなく、ゴマやひき肉のバランスが絶妙で、
辛い辛いと泣きながら、ぺろり平らげてしまいました。
勢いに乗ってスープまで完食。

そして悲劇が続きます。

・・・帰宅中に恐ろしい吐き気に襲われました。
度を超えた激辛ダメージに胃が悲鳴を上げていることがわかります。
汗などもしばらく止まらず、フラフラ状態。

いうまでもなく、帰宅後は激しい胃痛と腹痛のコンボ攻撃を食らうことに。
あまりのひどさに声を出すのも苦痛だったりするなど、あまりの症状に翌日は
完全に寝込んでしまいました。。。
今までどんなに辛い物を食べても大丈夫だったのに。。。
この担担麺はすごすぎた。
流石はグランプリ。。。

辛い物を食べるとお尻が痛くなるとか言いますし、これももちろんそうなのですが、
そんな痛みなど誤差と言わざるを得ません。
今回の、胃が内側からライターであぶられ、蹴りだされるような異様な痛みは
形容しがたくすらありますが、かなりの危険度を示しているといえるでしょう。。。


麒麟園さんの名誉のために補足しておくと、

・形式上とはいえ、店員さんはちゃんと注文を確認した。一応、止めた。
・担担麺にせよ、ラーメンにせよ、スープを飲みほすのはどうかと思われる。

つまり、どこまで行っても私の自己責任なわけですが、
もし・・・もし、この担担麺レベル5に挑戦する人がいるならば、
念のため、忠告しておきます。

スープは・・・スープは飲み干すな・・・・

辛味ランク ★★★★★ (4.9)
posted by 常時次人 at 19:00| Comment(0) | 辛味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。